イギリス製・木目調の蓋つきヴィンテージ缶お茶入れ/ブルーウィローデザイン
5b4c97835496ff1ef100007e 5b4c97835496ff1ef100007e 5b4c97835496ff1ef100007e 5b4c97835496ff1ef100007e

イギリス製・木目調の蓋つきヴィンテージ缶お茶入れ/ブルーウィローデザイン

残り1点

¥5,000 税込

送料についてはこちら

イギリス製の木目調の蓋が特徴的なブルーウィローデザインのおブリキの茶入れです。年代は不明ですがなかなかお目にかからない珍しいデザインです。 ブルーウィローBlu willow デザインについて willowとは柳のことで、19世紀初期のイギリスの皿にはウィローパターンがよく取り入れられていました。ロンドンのV&A博物館のブリティッシュ・ギャラリーにも中国・インド風の影響を強く受けた柄として柳模様が10種類近く展示されています。柳のほかに二羽の鳥、橋、楼閣、小舟が描かれるのが特徴です。 このウィローパターンにはコンセーとチャンという中国人の物語が描かれています。 コンセーはお金持ちの中国人の美しい娘、チャンはコンセーの父の秘書でした。二人は互いに愛し合ってはいたものの、それを知った父は激怒してチャンを解雇してしまいます。父は娘をタージンという裕福な公爵と婚約させてしまっただけでなく、チャンを娘に会わせないために家の周りにフェンスを張り巡らしました。コンセーは庭と茶室に行くことのみ許されました。2階建ての家の裏にオレンジの木があり、また、柳がたれさがっているのが見えます。小川が家と茶室を分け隔てるようにして流れ、チャンは愛のメッセージをココナッツの殻に入れて小川に流した。 ある晩のことコンセーは初めてフィアンセに会ったとき、そのフィアンセは彼女に宝石箱を渡しました。チャンはみすぼらしい格好をしてそっとその宴会に忍び込み、コンセーに逃げるようにと合図を送ります。 ウィローパターンが描かれた皿には、橋を駆けている3人の姿が見られます。純潔を示す糸巻き棒を持つコンセー、宝石箱を持つチャン、鞭を振るのが父の姿です。チャンはコンセーを茶室に隠し、ボートを取りに行った。父の護衛が2人を捕らえる寸前に、逃げることができました。2人は漂流した島で家を建てて生活を始めたということが左上に描かれています。後に、チャンは有名な作家になりましたが、その名声のためにタージンの兵士により殺された。それを知り、コンセーは命を自ら絶ちます。2つのかわいそうな魂は不滅や永遠を表すハトへと変わり描かれているのです。 Made in Great Britain 高さ/約12cm 直径/9cm 重さ/115g ※写真の通り使用感がございますので神経質な方にはお勧めできません